2015年07月11日

椅子のある店なのに、「立ち食い」の看板を掲げているのはなぜか?


そば・うどん店や酒屋の角打ちのような、
「立ち食い」「立ち飲み」の歴史は結構古い。

日本における“立ち”の起源は、
江戸の屋台だと言われる。

そば、酒、寿司、天ぷらが、
“立ち”の屋台で供されていた。

その文化が見直され、いまやブームのようになっている。

フレンチ・イタリアンの立ち食いが話題となり、
ステーキ店や焼肉屋が大盛況である。

新規で開店する居酒屋や寿司屋にも
“立ち”の形式が増えている。

“立ち”にすることで店舗面積が少なくて済み、
経費が節約できる。

しかも、ひとりの客が占めるスペースが小さく、
たくさんの客を入れることができる。

また、客の滞在時間が短くなるので、回転率も高くなる。

経費が掛からない分、料理や酒を安く提供できるので、
アピール力も高い。

客からすれば、“立ち”の看板があることで、
かなり敷居が低くなる。

つまり、気軽に“立ち寄る”ことができるのである。

さて、話が変わるが、
こうした店に行って、気になることがある。

“立ち”のはずなのに、なぜか椅子がある店。
結構たくさん存在する。

大多数の人は気にしないだろうが、
考えてみると不可解ではないか。

以前、どこかの店で聞いた記憶がある。

「お客さんに椅子が欲しいと言われた」。

あまりにも単純。あまりにも素直。
客の要望にあっさりと応えてしまった結果なのである。

だが、他の店も同じ理由かというと、そうでもない。

私が経験上知っている理由を挙げてみる。

1.女性や高齢の客を気遣い、一部に椅子を置いたら、
 他の客もその席ばかりに座るようになったので、
 すべてを椅子席にした。

2.立ち食いにすれば、客がたくさん入り、
 回転率も上がると考えたが、
 思ったほどではなかったので、
 サービスを向上する意味で、椅子を置いた。

3.最初から椅子はあるが、一部を取り払い、
 “立ち食いブーム”に乗っかった。

4.椅子はあるが、小さな店なので、
 安くて気軽な雰囲気をアピールするために、
 “立ち飲み”という看板を出してみた。

5.古くからの常連さんが高齢化したので、
 座れるようにした。

このように理由はさまざまで、
決まった答えはないようだ。

いずれにしても、椅子があるのに
堂々と「立ち食い」の看板を出しているのは、
非常に興味深い。






人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。


ブログランキング



posted by 佐藤きよあき at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

サプライズは“肉入り”。関西人店主が作る「220円カレー」。


「関西一安いカレーライス」で話題の店がある。

夜は焼肉居酒屋を営む店が、
昼のサービスメニューとして提供している。

その価格は、驚きの220円。
量が少ないわけでもなく、
具が入っていないわけでもない。

さすがに肉は入っていないものの、
ジャガイモ、人参、玉ねぎは入っている。

凝ったことは一切せず、味つけは市販のルゥのみ。
つまり、家庭の味。

まぁ、いまどきの家庭はもっと凝っていたりするが。

だが、普通の1人前が220円で食べられるのである。

これは、小遣いの少ないサラリーマンには、
非常に有り難いサービスである。

1杯の利益は20円ほどだと言う。

このカレーライスは、価格が大きなサプライズなのだが、
もうひとつのサプライズが用意されている。

これが、客の心をがっちりと掴んでいる。

と言っても、このことは宣伝していないので、
常連だけが知る、とてもユニークなものである。

私は、これを聞いて爆笑してしまった。
実に関西人的な仕掛けだと感じた。

そのサプライズとは、
月に2回だけ、不定期で肉が入っているという。

「やられたっ!」と感じるほど意外性があり、
そのセンスの良さには脱帽する。

関西人にしか理解できない、
“ノリ”のようなものかもしれないが、
私はこんな商売人が大好きである。

これからも、サプライズつきのカレーライスを
提供し続けて欲しいと願っている。

実に楽しい。






人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。


ブログランキング



posted by 佐藤きよあき at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

飲酒運転を黙認する飲食店は、営業許可を取り消せ!


飲酒運転による悲惨な事故、いや、事件は後を絶たない。

「危険運転致死傷罪」という厳罰化をしても、
バカには通用しない。

いまだ飲酒運転に甘い世の中であることも、
一因だと言える。

車で来ていることを知りながら、酒を飲ませる店がある。

「代行運転業者と提携している」と言いながら、
それはカタチだけで、見て見ぬフリをする。

そうしなければ、客が減って店が潰れると考えている。

人の命より、我が身の可愛さ。

警察も黙認している、と言わざるを得ない。

田舎に行けばわかるが、
明らかに車でしか行くことのできない場所に、
呑み屋が限りなく存在する。

そのすべてが、送迎したり、
代行運転を利用しているとは、到底思えない。

だが、警察は取り締まりを強化しない。

やる気がないのか、
店を潰すのは可哀想だと思っているのか。

人の命とどちらが大切なのか。

このような、運転者に酒を提供する店や自販機を
すべて無くしてしまうことも、ひとつの解決方法である。

もちろん、本人が一番悪いのであり、責任もある。
だが、酒を与える側にも大きな責任が伴う。

そこを徹底すべき。

提供が発覚したなら、
営業許可は即、取り消さなければならない。

飲む場所、誰も見られずに買うことのできる
自販機が無くなれば、
諦めて自宅で飲む人間が増えるはず。

それですべてが解決できるわけではないが、
大幅な改善は見込めるのではないか。

また、世の中の甘さも改める必要がある。

特に公務員に対する処罰の甘さ。

大きな事件があると、
一時的に厳しくはなるが、すぐに元通り。

「飲酒運転は懲戒免職」と公表しながら、
戒告や減給で終わっているケースが増えている。

子どもに模範を示す立場である教師が飲酒運転しても、
免職になっていなかったりする。

こんな教師に教えられた子どもが、
まともに育つはずはない。

法の番人である警察官の飲酒運転も数多くある。
法を破っているのに、免職にはならない。

おかしい。甘い。世の中を舐めている。
どうなっているのか?

まずは規範を示すべき人間の襟を正し、
世間全体が厳しい姿勢で
取り組まなければならない問題である。






人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。


ブログランキング



posted by 佐藤きよあき at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする