2015年08月13日

帰省休暇制度を作れ!


正月、GW、盆。
新幹線は超満員。高速道路は○○km渋滞のニュース。

毎年、同じ映像を流しても良いのではないか
と思うくらい、同じことが繰り返される。

何年も前から言われているが、
いつになったら、休みを分散するのか。

その時期でなければいけないのか。

しんどい思いをして、故郷に帰らなければいけないのか。

なぜ、疲れるために人ごみの中に突っ込んで行くのか。

日本には有給休暇制度があるのに、
うまく使おうとしない。いや、使えない。

他の人が働いている時に休むと、
“自分の席が無くなる”と思い込んでいる。

“俺がいなければ、会社が困る”と自惚れている。

まったくそんなことは無いのだが、
誰もがそんな思いから、有給休暇を使えない。

ならば、別の長期休暇制度を作れば良い。

誰もが遠慮することなく使える休暇を。

「帰省休暇制度」。

実際は帰省でなくとも良い。
人の多い時期をずらして利用できる長期休暇である。

大型連休中の高速道路の事故が、どれほど多く、
悲惨な状況になっているか。

200%乗車の新幹線に疲れ果て、
休暇になっていないこと。

誰もがわかっているのに、その時期でなければ休めない。

これは、社会の制度そのものを変えるしかない。

みんなが別々の時期に動けば、
事故も減り、しんどい思いをしなくて済む。

政府が率先して提唱すべきだ。

バカな政府が遅いなら、大手企業が声を挙げて欲しい。

ああだこうだと考えるより、
“エイヤッ!”とやってしまう方が話は早い。






人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。


ブログランキング



posted by 佐藤きよあき at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする