2015年10月25日

“からあげグランプリ”「最高金賞」&「金賞」の集客力とは?


「唐揚げを食べると、幸せになる」
「食べている人は、やさしい顔・笑顔になる」。

そんな思想を掲げ、唐揚げの普及に努める団体がある。

『日本唐揚げ協会』。

唐揚げをもっと広めようと、
食のイベントや唐揚げ本の監修、唐揚げ検定、
メディアへの働きかけなど、
さまざまな取り組みを行っている。

この団体が、
「日本で一番うまい唐揚げ屋さんはどこ!?」
というテーマのもとに、年に1度、
「からあげグランプリ」を開催している。

部門ごとにエントリー&ノミネートされた唐揚げを、
インターネットの投票で選ぶのである。

ここで、「最高金賞」や「金賞」に選ばれた店は、
「しばらく経営は安泰」と言っても良いほど、
集客力が増大する。

「最高金賞受賞」という看板をつければ、
駐車場の確保や行列の整理など、
思いもよらぬ悩みが吹き出すほど、
全国から人が集まるようになる。

「最高金賞」ほどではなくとも、
「金賞」にも驚くほどの集客力がある。

この賞を獲得するために、
唐揚げ店の人たちが血眼になるのも頷ける。

だが、この賞の発表を見ていると、
若干の疑問が湧いてくる。

本年度(2015年)第6回の結果では、
全11部門それぞれに「最高金賞」が存在する。
つまり、11点の「最高金賞」。

言葉のイメージでは、
各部門の1位の中から選ばれた1点が
受賞するものではないのか。
それが、「最高金賞」だと思うのだが。

このグランプリでは、トータルの第1位は存在しない。
摩訶不思議なシステムである。

さらに、「金賞」も各部門ごとに数点ずつ選ばれる。
多い部門では9点もある。

これでは、「金賞」の権威がない。
「銀賞」「銅賞」というものもない。

全部門で、「最高金賞」11点、「金賞」75点にもなる。
部門数と賞の数が異常に多い。

これを“コンテスト”と言っても良いのだろうか。

賞の発表をすべて見た人はわかるだろうが、
マスコミや地元のミニコミ紙などでは、
詳細までは掲載されないので、
「金賞受賞」とだけ知ることとなる。

すると、かなりのインパクトを持ったPRとなるだろう。
これが狙いなのだろうか。

唐揚げの普及という点では、
優れた戦略と言えなくもない。

だが、本当にこれで良いのか。

このグランプリが長く続くと、
全国に「受賞唐揚げ」が氾濫してしまう。
結果、賞の権威は地に落ちる。

そうなると、客の「騙された感」が広まり、
唐揚げそのものの人気をも失ってしまうのではないか。

そうなる前に手を打って欲しい。

普及のため、集客のためではなく、
純粋な“味のコンテスト”を実施すべきである。






人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。


ブログランキング



posted by 佐藤きよあき at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

あなたは大丈夫? 「コストコ」利用者と肥満の関係。


会員制倉庫型スーパー「コストコ」。

テレビや雑誌に度々登場するので、
ご存知の方も多いだろう。

食料品をはじめ、掃除・洗濯・キッチン・ベビー・
家電などの生活用品を豊富に揃えている。

その特徴は、“輸入”“巨大”“大量”。
すべてが“アメリカンサイズ”と言っても良い。

特に食料品の大きさが際立つ。

アメリカの冷蔵庫は大きいので、
“買いだめ”が習慣となっている家庭が多い。

休日のまとめ買いが前提なので、
商品のサイズが元々大きくなっている。

つまり、冷蔵庫には大量の食料品が
“いつも”詰まっている状態なのである。

すると、その家庭の人がどうなるかは、
想像に難くない。

アメリカの大学が行った「買い物客調査」では、
「買いだめする家庭の人は、
 たくさん食べる傾向にある」という結果が出ている。

家には常に食べる物がある。
それは見ためにも美味しそうな、
ソーセージ・ベーコン・ピザ・マフィン・クッキー・
アイスクリーム……。

どれもアメリカンサイズなので、
食べても食べてもなくならない。

食べることが好きな人にとっては、まさに至福のとき。

「量が多くて安い」というイメージを持っているので、
贅沢をしている罪悪感も少ない。

さらに、たくさん食べてしまう上に、
これらの食品はカロリーが高い。

肥満だと診断されるまでに、さほど時間は掛からない。

だが、気づいた時には手遅れ。
抜け出すことのできない迷宮に入り込んでいる。

日本の「コストコ」を利用する人びとにも、
同じことが起こっている。

私も「コストコ」の売り場を見て、
非常に魅力的だと感じた。

特に食料品には惹かれる。
片っ端から買いたい衝動に駆られる。

だが、そこは冷静に対処しなければならない。

若い主婦たちは、
ママ友とのシェアを前提に買うそうだが、
賢いやり方である。

問題は、“冷静さ”と“賢さ”を
つい置き去りにしてしまった人たちである。

売り場に立って、
アドレナリンが暴走気味に噴出してしまい、
次々にカートに商品を入れてしまう。

また、「コストコ」のカートは巨大で、
買っても買っても満杯にはならない。

「コストコ」の策略にまんまと乗ってしまうのである。

カートに大量の商品がのっている人を見ると、
やはり肥満気味の人が多い。

あくまで主観だが、かなりの確立で肥満である。

食いしん坊の私は、
買ってしまう人の気持ちがよくわかる。

家に、大型冷蔵庫・冷凍庫があれば、
間違いなく買っているはずである。

かなり幸せな気分が味わえるのだから。

大型冷蔵庫がなくて良かった。
あれば、私は成人病へ一直線となってしまうだろう。

「コストコ」は素晴らしい店だと思うが、
利用の仕方を間違えると、悲惨な結果を招くだろう。

「コストコ」の成長が、
日本人の“成長”にならないことを願う。






人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。


ブログランキング



posted by 佐藤きよあき at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

“シニアコンビニ店員”が、高齢社会を支える!?


いまコンビニ各社は、
店員へのシニア層の採用を積極的に行っている。

政府が訴えている「高齢者の雇用促進」ではなく、
シニア層の“能力”を買っての採用である。

セブン・イレブンは、年齢無制限で、
労働日数・労働時間も相談に応じている。

なぜ、そこまでしてシニア層を採用するのか。

それは、「コンビニが社会で果たす役割」にある。

言い換えれば、
社会から求められていることに応えるためには、
シニア層の力が必要なのである。

シニア層は社会経験が長く、
常識や人との接し方を知っている。

SNSで暴走するような若い店員のようなことはしない。

学生やフリーターと比べると、勤務態度が良く、
遅刻や欠勤も少ない。

世代的に真面目な人が多いので、
自分の与えられた仕事・役割をきちんと理解している。

それが、若い店員にも良い影響を与えているという。

だが、これらはシニア層の“素質”であって、
“能力”ではない。

コンビニが期待する能力は、もっと他にある。

コンビニではいま、高齢者の利用が増えている。

遠くのスーパーより、近くのコンビニ。
店の規模や利用できるサービスが、
高齢者にとって非常に便利なのである。

スーパーは大きくて疲れるが、コンビニは小さい。

すぐに食べられる弁当や惣菜、
小さくカットされた野菜が売られている。

荷物を送ることも公共料金を支払うこともできる。

そんな便利さに気づいた高齢者が、
日常的に利用するようになったのである。

こうなると、高齢者にとってコンビニは、
生活に不可欠な存在となってくる。

コンビニとしても、望まれているのなら、
それに応えなければならない。

そこで始まった取り組みが、
ひとり暮らし高齢者への買い物支援や弁当の配達、
移動販売などである。

この取り組みに必要なのが、シニア店員なのである。

若い店員でも良いのだが、
高齢の客とのコミュニケーションが難しい。

シニア店員なら、
同年代や年配者の気持ちを理解しやすい。

また、地元の人間なら、地域の実情にも詳しいので、
客とのコミュニケーションが取りやすい。

人と人との繋がりを作りやすいので、
地域密着型の店舗として、客にも愛される。

今後、コンビニに求められるのは、
「地域のインフラを担うこと」である。

地域の中心的存在となって、地域社会を守っていく。

その“機動力”となるのが、シニア店員なのである。






人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。


ブログランキング



posted by 佐藤きよあき at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする