2015年10月11日

宝くじで、日本の財政危機を回避しろ!


日本の借金1000兆円。

なのに、円借款・ODA・無償資金協力だと、
海外でデカい態度を取るために、大盤振る舞い。

国際社会で力を持つことの意義は大きいかもしれないが、
“いま”やるべきことなのか。

まずは、経済の立て直しだろう。

政府はまったくの無策。

「お手軽財政再建ランキング」があれば、
第1位となるであろう、『消費税増税』一本やり。

“収入が増えれば、楽になる”。

当たり前だ。
だが、それ以上の苦難・困難・国難がやって来ることは、
承知しているのか。

いま増税すれば、さらに消費は落ち込み、
経済活動は成り立たなくなってしまう。

企業倒産は加速し、貧困に喘ぎ、自殺者が増えていく。

……ということは理解しているようで、
消費税10%への増税は、2017年4月に延期された。

さらに、「軽減税率」が議論されている。

だが、中止されたわけではない。

「増税ではダメだ!」と、
経済のプロが声高に叫んでいるのに、
政府は聞く耳を持たず。

バカだ、無能だ、
という評判は耳に入っているはずなのに、
意地を張っているかのように、
『消費税増税』に固執する。

経済対策もやってはいるが、
目に見えた成果は上がっていない。

頭でっかちの集まりだから、
良い案が浮かばないのであろう。

そこで、私は奇策を提案する。

『日本復興宝くじ』の発売である。

どんなに不景気でも、人びとは宝くじを買う。

つまり、暗い世の中にあっても、
人びとがお金を遣ってくれる方法が、宝くじなのだ。

「消費税増税をぜひお願いしたい」などと言わなくとも、
堂々とお金を集めることができる。

国民も文句は言わない。

元アメリカ大統領のトマス・ジェファーソンは、
自らの浪費によりお金に困り、
私的な宝くじ発売計画を立て、
負債を清算しようとした。

発売許可は下りたものの実現はしなかったが、
借金返済の手立てとしては、
古くから考えられていたことがわかる。

もちろん、一時しのぎではある。
根本的な解決策にはならない。

だが、景気を回復させるまでの
“つなぎ”にはなるだろう。

景気をさらに悪化させる『消費税増税』より、
よほど安全・安心・確実な方法ではないか。






人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。


ブログランキング



posted by 佐藤きよあき at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

ファストフード店&コンビニ発、“沖縄限定食めぐり”がお奨め!


「沖縄の食べ物で好きなものは?」と聞かれて、
何が浮かぶだろうか。

ラフテー、沖縄そば、ゴーヤーチャンプルー、
サーターアンダギー……。

あまり出てこないのではないか。

沖縄は、美しい自然に恵まれた素晴らしいところだが、
食に関してはやや魅力に欠ける。

沖縄の人は、「まだまだ美味しいものはたくさんある」
と言うだろうが、他のものはあまり知られていない。

つまり、食を目的に行くほどの、
魅力的な食べ物は少ないと思われているのである。

だが、観光地としての沖縄は、食を二の次にしても、
十二分に行きたいと思うほど、魅力に溢れている。

食の充実を望むのは、あくまで“欲を言えば”である。

そんな“欲”を満たしてあげるためには、
まだ知られていない美味しいものを掘り起こして、
広くアピールする必要がある。

「まぐろ」の漁獲量が多く、安く食べられること。
あんこの上にかき氷をのせた「ぜんざい」。
「ゆし豆腐」や「テビチ(豚足)」、
「油味噌」などもある。

突出したインパクトはないが、
もっとアナウンスをすれば、“食べ歩きの楽しみ”で、
さらなる集客ができるのではないか。

ただし、沖縄のご当地食を食べ歩くのは、
店探しや移動に時間が掛かる上、
1店ずつ腰を落ち着けるのは大変で、金も掛かる。

私が観光客にお奨めするなら、
ファストフード店やコンビニである。

全国チェーンでありながら、
さまざまな“沖縄限定”を販売している。

ファストフード店やコンビニなら、
欲しいものだけを気軽に安く買うことができる。

その分、数多くの沖縄食を体験できるのである。

たとえば、「はなまるうどん」なら、
炊き込みご飯の「ジューシーおにぎり」や
豚肉と味噌を混ぜた「油味噌おにぎり」が食べられる。

「紅いもコロッケ」や「石垣牛コロッケ」もあり、
沖縄が一度に楽しめる。

ファミレスの「ジョイフル」なら、「ゆし豆腐定食」
「沖縄そば定食」「沖縄黒糖ぜんざい」がある。

「ほっともっと」では、「ゴーヤー弁当」
「豆腐チャンプルー弁当」「麩チャンプルー弁当」。

「吉野家」は、「タコライス」。

「ローソン」では、
おでんに「ソーキ(豚あばら肉)」や
「テビチ(豚足)」、
「島こんにゃく」などが入っている。

季節限定や期間限定のものもあるが、
これらを食べ歩くだけでも、
かなり面白い体験になるだろう。

全国チェーンなので、わかりやすい場所にあり、
探す手間が省ける。

遊び疲れた帰りに立ち寄ることもできる。

この“気軽さ”が、お奨めの理由でもある。

沖縄の食べ物は、飛び抜けた魅力を持ってはいないが、
他の地方の人にとって、“未体験”の味が多い。

好奇心を満たすには、充分な魅力があると言える。

こうした食べ物を効率良く体験するためにも、
ファストフード店やコンビニをお奨めする。

沖縄の旅が、より楽しいものとなるだろう。






人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。


ブログランキング



posted by 佐藤きよあき at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする