2015年11月28日

外国人絶賛! 「カプセルホテル」は、“超クール”!?


夜の繁華街。小さなホテルのフロントは、
訪日外国人で溢れかえっている。

低価格ながら安心して泊まることができる、
と評判になっているそのホテルは、
YouTubeやSNSで紹介、拡散されている。

『カプセルホテル』。

いま、訪日外国人の間で、急激に流行りつつある。

特に欧米人。
広い家に住み、広いベッドで寝ているはずの彼らが、
なぜ窮屈な空間に喜んで入ろうとするのか。

ネットで情報を見た彼らは、
見たことのないその小さな“宿泊施設”に驚き、
叫び、興味を示す。

「なんてカッコいいんだ!」
「建築物としてイケてる!」
「SFっぽい」

そして日本に来る機会を得ると、
『カプセルホテル』を体験する。

その感想は…
「欧米では味わえない体験だ!」
「まるで宇宙船の中のようだ!」
「SFの世界で、超クールだよ!」
「思ったより広くて、快適だ」
「日本の素晴らしい発明品だね」

非常に評判が良く、
その感想がまたSNSで拡散されていく。

『カプセルホテル』と聞くと、中高年以上の人は、
「残業で遅くなる時の寝る場所」
「飲み歩いて終電を逃した時の避難所」
というイメージだろう。

だが、現代の『カプセルホテル』は、
かなり様変わりしている。

スタイリッシュなデザインでお洒落になっていたり、
高級感もある。

スパやプール、スポーツジム、バー、
レストランなどが併設されている。

それでいて、
価格は5000円でお釣りがくるところが多い。
中には、2000円を切るところもある。

中国人のような金の遣い方をしない欧米人には、
嬉しい安さだろう。

1979年、建築家・黒川紀章氏の設計によって、
大阪で初めて誕生した『カプセルホテル』だが、
時を経て、外国人の“定宿”となったのである。

『カプセルホテル』のヒントとなったのは、
1970年の大阪万博で披露された
『カプセル住宅』である。

キューブ状のコンクリートカプセルを重ね合わせた、
近未来型の建築物だった。
これも黒川紀章氏の設計である。

当時も、
万博で日本に来ていた外国人の注目を集めていた。

小さな空間の組み合わせは、
外国人にとって“超クール”なのだろう。

自分たちにはあり得ない発想として、
好奇心を掻き立てるのかもしれない。

小さな国・日本ゆえのアイデアが、
外国人を惹きつけているのである。

   




人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。


ブログランキング



posted by 佐藤きよあき at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする