2016年04月11日

“ちょい飲み”が流行ると、「新橋」で面白いインタビューが撮れなくなる!?


“ちょい飲み”が流行っている。
安いおつまみで、軽く飲んで帰ることである。

「吉野家」「日高屋」が先行し、
ごく最近では「ケンタッキーフライドチキン」
「スターバックス」が参入している。

仕事帰りのサラリーマンがターゲットだが、
会社の同僚というより、
近くにいる友人で集まることが多いようだ。

サラリーマンの仕事帰りと言えば、
居酒屋での上司や部下への大愚痴大会がメインで、
酒をがぶ飲みして、憂さ晴らしをする場所だった。

だが、“ちょい飲み”は違う。

たくさん飲むより、楽しく飲む。
憂さ晴らしではなく、楽しい時間を過ごす。

軽いコミュニケーション手段となっている。

本気飲みすることはなく、
予算も千円台で済ませることが多い。

若い世代が酒をあまり飲まなくなったことも
理由としてはある。

本当の酒好き・酒飲みは、
ほとんどいなくなってしまった。

さらに、不景気が追い打ちをかけ、
本気で酒を飲むことができなくなった。

その結果、居酒屋が窮地に立たされている。

巨大チェーン店を展開するワタミは、この2年ほどで、
百数十店舗を閉鎖するほどである。

居酒屋でも“ちょい飲み”を
提案できれば良かったのだが、
“本気飲み”のイメージが固定化されており、
気軽な利用には繋がらなかった。

その点、「吉野家」「ケンタッキー」などの
ファストフード店は、
“ちょい飲み”にピッタリな店である。

フラッと入って、サッと帰ることができる。

若い世代の志向に合ったのだろう。

だが、若干の不安は残る。
上司世代と若い世代のコミュニケーション不足である。

飲みに行くことが大切だとは言わないが、
これまでは嫌々ながらも同行することで、
相手を知ることはできていた。

それが、仕事を円滑にする手助けにもなっていた。

だが、一緒に飲まなくなったら、
どうやってコミュニケーションを取るのか。

会社内でのひと言ふた言では、
相手を知ることはできない。

いまの時代、上司による無理強いもできない。

こうなると、互いが歩み寄るしかないのではないか。

本気で飲みたい上司は、
部下との“ちょい飲み”につき合うべきである。

部下は、友人と飲みたいところだが、
上司と“ちょい飲み”する。

短い時間なので、嫌な思いもせず、
コミュニケーションの意義を感じることもできる。

これにより、本気飲みを愛する上司も徐々に酒量が減り、
身体のためにもなる。

次第に見苦しい酔っぱらいも少なくなり、
街が健全化する。

だらしないおやじの姿も見かけないようになる。

たとえば、サラリーマンの聖地「新橋」が、
静かな街となる。

だが、困る人たちも出てくる。

テレビ局の取材クルーたちである。

酔っぱらったサラリーマンは、絵になる。
面白い話が飛び出す。

サラリーマンの意見を聞くなら「新橋」なので、
他を探さなくてはならない。
というより、「新橋」以外はあり得ない。

つまり、インタビューができなくなるのである。

シラフで真面目なサラリーマンの意見など、
面白くはない。

酒の入った本音が、
テレビを観る人を納得させるのである。

酒とサラリーマンは、切り離せない。

だが、時代は“ちょい飲み”。
サラリーマン像の「変革期」が来ているのかもしれない。

   




人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。


ブログランキング



posted by 佐藤きよあき at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする