2016年06月28日

イギリス人は、“EU離脱”で幸せになれるかも!?


イギリスのEU離脱によって、
世界経済への影響が懸念されている。

「リーマンショック級マーケットの混乱」とも。

なぜ、一国の離脱がここまで他国に影響を与えるのか。

答えは簡単。
“繋がっている”から。

EUとして、人とモノの流れが自由になっているため、
離脱によって流れが止まってしまうからである。

だが、EU以前はどうだったのか。

不便さを感じることなく、ひとつの国として、
立派に成り立っていたのではないのか。

現状から考えれば、経済面ではマイナスかもしれないが、
昔に戻るだけのことである。

いまさら無理だ、という意見もあるだろうが、
離脱がデメリットだけなのかどうかは、
現段階ではわからない。

俗っぽく言えば、
「やってみなければわからない」のである。

“繋がり”を断つことで、他国の影響を受けにくくなる、
という考え方もあるはずである。

成長の鈍化はあるだろうが、
低空飛行で安定させることは可能なのではないか。

高度成長だけが、“幸せのカタチ”ではない。

発展することが幸せだとは限らないのである。

「幸せの国・ブータン」を例に検証してみよう。

のどかで美しい自然の中、
決して裕福ではないが幸せに暮らし、
理想郷とも言われている。

“豊かさ”を測る指標、
国民総幸福量(Gross National Happiness)を唱え、
世界的に名を知らしめた。

労働者の9割が農民で、
国民の大半が自給自足に近い暮らしをしている。

人びとは民族衣装を身にまとい、伝統建築の家に住む。

だが、そんな理想郷にも近代化の波が。

外界との繋がりを持つようになり、
さまざまな問題が起きるようになった。

空き巣や強盗などの犯罪、
若者による薬物乱用が増えている。

また、建設分野においては、
インドから越境してきた労働者が、
国民の仕事を奪っているという。

他国との接触が増えると、
こうした問題が起きるのはわかりきったこと。

これまで知らなかった“刺激”を覚えてしまったのである。

恐らくブータンは、理想郷ではなくなる。

危険も多い、アジアの一国に落ちてしまうだろう。

他国との接触が少なかったゆえに、幸せだったのである。

発展することが、必ずしも良いとは限らない。

小さな国で、小さな幸せを見つけることも
人の生き方だと思うが、どうだろう。





人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。




posted by 佐藤きよあき at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

“行列グルメ”が、最強の観光資源となる!?


人は、なぜ行列に並ぶのか。

その先にある“期待”を実感・体感したいからである。

それは、どんな“期待”なのだろうか。

ふた昔前なら、ゲームソフトやたまごっち。
ひと昔前なら、商業施設やハリーポッター。

では、いまの“期待”はどんなものなのか。

テレビやネットから聞こえてくるのは、
アイドルのコンサートや握手会。

世界遺産登録直後の観光地。

そして、もっとも騒がれるのは、“グルメ”である。

食のネタは視聴率が稼げるので、
どのテレビ局でも度々登場する。

ネットにおいても同じこと。
アクセス数が安定して稼げるのである。

それほど、人びとは食の情報に敏感なのである。

“行列”と聞くと、知らずにはおれぬ。

行列の先に、どんな美味しいものがあるのかを知りたい。
その味を体験したくなり、行列に並んでしまう。

驚くのは、遠くからでも、
わざわざ足を運ぶ人が多いことである。

“ついで”の訪問ではなく、
その店を目指してやって来るのである。

たったひとつの料理を食べるためだけに、である。

なぜ、そこまでするのか。

日本ブームでやって来る外国人客は別として、
日本人は“観光”に飽きているのかもしれない。

日本国内は、どこも同じような風景に見える。

従来の観光は、“見てまわる”ことが多かったが、
テレビやネットで映像を見ているため、
その場所に行っても感動が薄いのではないか。

それに比べ、グルメは見ているだけでは実感できない。
食べないことには、感想を言うこともできない。

加えて、いまの人びとは物欲がほとんどないため、
食べることがもっとも興味深く、
関心を持ち続けていられる。

食を追求することが、一番楽しい時間なのかもしれない。

なので、遠くまで出掛けて行って、行列に並ぶのである。

そして、現代人にもっとも大切なことは、
自身の体験をSNSにアップすることである。

そのためには、現地に行って行列に並び、
料理の写真を撮って、感想を書かなければならない。

こうした行為が、趣味のようになっている。

つまり、多くの日本国民がもっとも興味を抱き、
かつ行動的になれるものが、“グルメ”なのである。

全国各地で観光客誘致に苦慮しているが、
観光資源があまりないのなら、
“ご当地グルメ”を掘り起こすか、
新しいグルメを生み出せば良いのである。

取り組んでいる地域もあるが、
カチカチ頭の地元民だけでは、簡単なことではない。

新しい頭脳に協力を求めてみるのも良い。

突拍子もない発想をする人材。
たとえば、小学生に考えてもらっても良い。

高校生や大学生を活用している例もあるが、
その年齢ぐらいになると、
常識に囚われることがあるので、
あまり面白い発想は出てこない。

注意すべきは、アイデア倒れにならないよう、
味の追求も徹底しなければならないこと。

注目されやすいグルメは、
常識を少し超えたあたりに存在する。

弾け過ぎず、大人しくなり過ぎず。

重要なのは、本気でやること。
中途半端な取り組みが実に多い。





人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。




posted by 佐藤きよあき at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

飲酒運転がなくならないのは、警察が甘いから!?


飲酒運転による悲惨な交通事故。
いや、事件と言った方が良い。

人を殺してしまうほどの重罪が、
いまだになくならないのはなぜか。

人の人生を奪うばかりか、
自分自身の人生をも、暗く、悲しいものにしてしまう。

酒を飲んだら、車を運転しない。
非常に簡単で、単純なことである。

なぜ、それができないのか。

「バカだから……」
と言ってしまえば、それまで。

だが、それで済ますわけにはいかない。
人の命を奪っているのである。

まわりの人は、なぜ止めないのか。

飲み屋は、なぜ酒を提供するのか。
人殺しの共犯となることを理解しているのか。

襟を正す飲み屋は、車での来店には酒を提供せず、
あるいは代行運転を手配している。

面倒な上、客足が遠のくかもしれない。
だが、人の命には変えられないことを理解している。

そして、危険な運転者をもっとも甘く見ているのは、
意外かもしれないが、警察である。

検問をしたり、飲み屋を巡回して啓発したりはしている。

だが、それ以上“積極的”に行動してはいない。

もっとやれることはある。
というより、やらなければならないことがある。

飲み屋の前で待機し、出てきた客が車に乗ろうとしたら、
やめさせることである。

飲み屋の客だけが飲酒運転をするわけではないが、
もっとも多い事例である。

飲み屋の前で制止する。
これがもっとも効果的な、飲酒運転の撲滅方法である。

度々やっていれば、車で飲みに行く人は減るはずである。

飲み屋への営業妨害ではないかと、
的外れなことを言う人もいるかもしれないが、
飲酒運転の共犯者であることを忘れてはならない。

また、飲み屋には、どう考えても、
車でしか行けない場所にある場合が結構ある。

特にこんな店は早急に取り締まる必要がある。

来店=飲酒運転の確率は非常に高い。
なのに、放置されている。

では、なぜ警察はそこまでしないのか。

夜の人員が少ないから。
一般企業のように、昼間中心に活動しているから。

特に地方の警察はそうである。

そして、「営業妨害をするのは可哀想」だから。
これは、あくまで私の推測だが。

地元の警察なら、どこに飲み屋があって、
車でしか行けない場所であることもわかっている。

なのに取り締まりをしないのは、不可解なことである。

人が少ないことを言い訳にしているか、
飲み屋への温情としか思えない。

これは、人の命を軽く見ている、
と言われても仕方のないことである。

本気で飲酒運転をなくしたいのなら、
夜の飲み屋をまわるべきである。

待ち伏せして、飲酒運転を取り締まるのではなく、
飲み屋の帰りに車を運転させないようにすることが、
重要なのではないか。

ぜひとも積極的に動いて欲しい。
すぐに動いて欲しい。

次の瞬間にも、
人の命が奪われてしまうかもしれないのだから。





人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。




posted by 佐藤きよあき at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする