2017年01月05日

「ビッグデータ」で、企業の“個性”は消え去る!?


「やよい軒」「ほっともっと」を運営する潟vレナスが、
店舗運営にビッグデータ分析を導入するという。

客の嗜好の多様化や少子高齢化など、
経営環境の変化に対応するためである。

客の求めるものを的確に把握することができれば、
メニューの改善、新商品開発、店舗の改装・移転、
従業員教育にいたるまで、
もっとも効率の良い方法を知ることができる。

すなわち、ロスの少ない店舗運営、失敗の少ない経営を
実現できるということである。

チェーン店を運営する上で、
これほど価値のある経営資源は他にあるまい。

だが、懸念材料はある。

ビッグデータの活用法。
ビッグデータの読み方と言っても良い。

ビッグデータが導き出す結論は、
消費者の大多数の嗜好であり、意見である。

もちろん、少数意見も導き出してはいるが、
読み取る側が大多数のデータに注目してしまう。

最終的には「一番売れるもの」を知りたいので、
当然、数の多い客層データを採用する。

すると、客に受け入れられるものが開発でき、
収益を安定させることができる。

だが、はたしてそれは正しいことなのか。

もし、同業種である「大戸屋」が、
ビッグデータを活用したら……。

大多数の嗜好は同じ結論となり、結果的に、
同じ店、同じメニュー、同じ新商品が生まれる。

つまり、「やよい軒」と「大戸屋」に、
差がなくなるということである。

こう言うと、「それは経営陣次第だろ」
と反論が出るだろうが、
目の前の“失敗しない経営”を無視して、
挑戦・冒険ができるだろうか。

また、ビッグデータによる成功は、
人の能力を衰えさせる。

すべてをデータに頼ってしまうので、
経験や勘といった経営能力が育たない。

データを読み解く、“技術者”でしかなくなる。

さらに、データによって成功した人間は、
それを自分の才能だと勘違いする。

そして、単なる“ビッグマウス”となってしまう。

データによるマーケティングは、
一時的には成功をもたらすが、
最終的に必要となるのは、経営感覚である。

長年積み重ねてきた経験と勘こそが、
ビジネスを大きく成長させる要素となるのである。





人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。




posted by 佐藤きよあき at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする