2017年03月04日

“おひとりさま”大歓迎の宿は繁盛する!?


誰にも邪魔されず、ひとりの時間を大切にしたい。
日常生活を離れ、読書をしたり、うたた寝をしたり、
ボーッとしていたい。

そんな思いから、ひとり旅をする人が増えている。

その流れを受けて、旅行雑誌や旅行サイトでも、
ひとり旅を特集している。

旅館・ホテルでも、ひとり旅専用プランを設け、
売り上げを伸ばしている。

少し前までは、
ひとり客をあからさまに拒否する旅館も多かった。

2人以上の客と同じような手間が掛かるのに、
儲けはひとり分だからである。

私も独身時代はふらっと旅に出て、
行き当たりばったりで宿を探していたが、
よく断られていた。

「予約していないんですが、空いてますか?」と問うと、
「何名さまですか?」と聞き返され、
「ひとりです」と言うと、
「あいにくですが、満室なんです」と断られる。

あまりにも白々しい返答である。

元々、観光地の旅館にはひとり部屋などないので、
人数を聞いてから満室だと言うことは、
あり得ないのである。

ひとり客は客ではない、という認識である。

先に「少し前までは」と書いたが、
いまだにこんな旅館は多くあるようだ。

「おもてなし」という心はなく、
儲け第一主義である。

だが、これからは、”おひとりさま”を大切にしないと、
宿の経営は立ち行かなくなるだろう。

団体旅行の時代ではなく、
ひとり旅か家族旅行が中心となっている。

家族旅行は増えているものの、
不況からは脱出できていないので、
できる限り安い費用で楽しもうとする。

そうなると、国内より海外の方が安い上、
まわりへの自慢にもなるので、海外旅行を選択する。

ひとり旅では、海外は不安もあるので、
気軽で安心な国内となる。

また、ひとりなら、
行き先も日時も自分の思い通りになり、
思い立ってすぐに出ることもできる。

さらに、結婚しない人が増えているので、
ひとり旅が多くなるのは、当然のことなのかもしれない。

宿が積極的に“おひとりさま”を
取り込もうとしているのにも理由がある。

家族連れやグループに比べ、
リピーターになりやすいのである。

恋人や夫婦の客の場合、同じ空間にいても、
空間の想い出はあまり残らず、
「2人で過ごした時間」が想い出として残る。

2人で旅をして、2人で楽しいひとときを過ごした。

グループの場合、みんなで楽しい会話をして、
賑やかに過ごした時間の想い出である。

極端に言えば、場所はどこでも良いのである。

2人やグループで楽しい時間を過ごしたら、
また楽しむために
「次はどこに行こう?」となるのである。

だが、ひとりの場合、
“その宿にいる自分”が、想い出のすべて。

空間も時間も、心の中に明確に刻み込まれている。

そこで、心からのおもてなしを受ければ、
その印象は強烈に残り、
「また来たい!」と思うようになる。

つまり、リピーターになりやすいのである。

費用もひとり分なので、
家族連れやグループより決断しやすい。

今後ますます、ひとり旅は増えるだろう。

“おひとりさま”を断っている宿は、
手遅れにならないように……。





人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。




posted by 佐藤きよあき at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする