2015年12月19日

女性コスプレーヤーは、なぜ下着を見せてくれるのか?


コミケ(コミック・マーケット)やコスプレイベントに、
足を踏み入れたことはあるだろうか。

一種独特の空気感に、私などはたじろいでしまう。

コミック関連の同人誌やグッズを販売しているブースは、
勇気を持てば、見てまわることはできる。

だが、コスプレーヤーが“自身”を披露している場所は、
非常に居心地が悪い。

見せるために来ている人たちなのだが、
ジロジロ見て良いものなのかと不安になる。

彼らはさまざまなキャラクターに扮している。

誰もが知っているものから、マイナー過ぎるものまで、
思い思いのコスプレを見せてくれている。

高いクオリティで、
“プロ”を感じさせるコスプレもあれば、
何のために来ているのかと思うほど、
レベルの低いものもある。

その中に、
男性をドギマギさせる女性コスプレーヤーがいる。

1人や2人ではない。露出度MAX。
公然わいせつにはならないのかと思うほど、
肌を露出している女性たちがいるのである。

何のキャラクターなのかさえわからず、
ほぼグラビアアイドル。

中には、「アダルト指定」が必要なほど、
卑猥なコスチュームの女性もいる。

そのまわりには、異常なまでに接近して、
写真を撮りまくる、
通称カメコ(カメラ小僧)が群がっている。

寝転がって、堂々と股間を撮影している。

異様な光景なのだが、こうしたイベントでは、
これが普通になってしまっている。

だが、女性コスプレーヤーはカメコに動じない。
むしろ、わざと下着を見せているくらいである。

彼女たちは、なぜそこまでするのか。

本来コスプレとは、キャラクターと自分を同化させる、
「変身願望」である。

「日常の自分からの解放」という面が大きい。

日頃は自分を押し殺している人。
ハジけることができず、ストレスを抱えている人。
容姿にコンプレックスを持つ人。

こうした人たちが、
一時的にでも自分を変身させるために、
コスプレに走ることが多い。

コスプレすることで、
自分を見てくれる人がいることを知る。
注目を集めることができる。

日常では味わえない感情と出逢える。
それは、快感ともなる。

露出が多くなる女性は、その快感が忘れられなくなり、
「もっと、もっと!」と過激になっていくのである。

他の女性に集まっているカメコを
引き寄せる手段なのである。

「“露出”は見られるための手っ取り早い方法」
とまで言い切る女性もいる。

もはや、“露出狂”と言っても良い。

カメコやエロさを求める男性には、
楽しいイベントなのかもしれないが、
もはや純粋なコスプレではない。

見ていて楽しく、笑えるコスプレをすることが、
本当のコスプレーヤーではないのか。

   




人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。


ブログランキング



posted by 佐藤きよあき at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック