2016年01月27日

深夜の4時間しか営業しない中華料理店に、なぜ人は集まるのか?


営業時間、午後9時〜午前1時。
深夜の4時間のみ店を開ける中華料理店がある。

酒呑み客を相手にしているのではなく、
しっかり食事としての中華料理を食べてもらう店である。

なぜ、昼でもなく、夜でもなく、深夜なのか。

残業で遅くなって、晩飯を食べていない人。
遊んだ帰りで、小腹が空いた人。
夜勤に備えて、腹ごしらえする人。

そんな人たちが集まってくる。

住宅街なので、深夜には灯りも少なく、
辺りは真っ暗。

その店だけが明るく輝いており、
暗い道を歩いてくると、
ホッと安心する場所となっている。

明るさに心を解きほぐされた瞬間、
美味しい匂いが漂ってくる。

もう、入らずにはいられない。

中に入れば、深夜にも関わらず、
席は8割ほど埋まっている。

人気のない暗い通りを歩いてきた人は、
緊張がほぐれ、まだ食べてもないのに、
店に愛着を感じてしまう。

この店は温かい。

深夜営業ながら、ラーメンや定食の種類が豊富で、
がっつりと食べられる。

寝る前に腹一杯食べるのは、身体のためには良くない。
罪悪感さえ持ってしまう。

だが、この店はそのことを忘れさせる。

明るい光で、店内はまるで昼時。
客の多さもそう感じさせる要因である。

腹を空かせた人には、まさに天国。
美味しそうなメニューに、冷静ではいられない。

深夜のみの営業は、ライバルが少ない。
また、どんな時間帯にも、腹を空かせた人はいる。

明かりを灯すだけで、人びとは集まってくるのである。

   




人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。


ブログランキング



posted by 佐藤きよあき at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433068027
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック