2016年02月29日

訪日外国人は、「盆栽」も爆買い!?


年間2000万人に迫ろうとしている訪日外国人。

彼らの目的は、時に“日本”を買い、
時に“日本”を体験することにある。

中国人は相変わらず爆買いを続けているが、
購入するものに変化が見られる。

以前は炊飯器が目立っていたが、
それが美容家電やドライヤーになり、
菓子や化粧品・医薬品へと移り変わっていった。

対して欧米人は、観光や体験を重視する。

変わらぬ人気は、神社・仏閣だが、
地方の“日本らしい田舎”や“昭和な下町”にも
興味を持ち始めている。

観光地ではない、海や山の民宿に泊まったり、
レトロな町家を楽しんだりしている。

そんな訪日外国人が次に注目しているのは、
「盆栽」である。

大自然を小さな鉢の中に表現することに
魅了されるようだ。

では、なぜ「盆栽」が知られるようになったのか。

キッカケは、1900年の「パリ万博」。
日本は「盆栽」を世界に紹介した。

これによって、その存在を知られることにはなったが、
注目されるまでには至らなかった。

だが、1970年の「大阪万博」が転機となる。

日本庭園に展示されていた「盆栽」を見て、
興味を持つ人が急激に増えた。

そこから徐々にではあるが、
ヨーロッパで「盆栽」が広まっていったのである。

イタリア・フランスなどでは専門誌も発行され、
「盆栽」を販売する専門店も誕生している。

フラワーショップやインテリアショップでも
買うことができる。

文化として定着しつつあると言っても良い。

そして、現在の日本ブームの中で、
一大ムーブメントと言っても良いほど、
再注目されているのである。

日本各地の盆栽展示場は、訪日外国人で一杯である。

ある店では、客の7〜8割が外国人で、
年間1万人にも上るという。

そこで爆買いが起こっているのである。

中国人はもとより、欧米人も買い漁っているという。

数百円のものから数千万円のものまであり、
1人で数千万円分を買う人もいる。

日本にも当然盆栽ファンはいるものの、
どちらかと言えば地味な世界だった。

だが、ここに来て大ブームが起こっている。

輸出額も激増している。
盆栽づくりに弟子入りする外国人も増えている。

日本人の私でさえ、
あまりピンと来ない「盆栽」の魅力だが、
何が外国人を魅了するのか。

日本の伝統・文化に興味を示す外国人は、
どこまで増えるのか。

日本には、まだまだ知られていない伝統・文化がある。

それをひとつひとつ掘り起こしていけば、
日本ブームはこれからも続く。

“眠れる日本”を目覚めさせることで、
経済を立て直すことができるかもしれない。

このチャンスを逃すべきではない。

   




人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。


ブログランキング



posted by 佐藤きよあき at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434412289
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック