2016年04月15日

固定観念を捨てた「業務スーパー」の新商品が話題!


いま、業務スーパーのある商品が話題となっている。

面白いことと美味しいことで、
生産が追いつかない状態である。

豆腐パックに入った「リッチチーズケーキ」と
「リッチショコラケーキ」。

1リットルの牛乳パックに入った「レアチーズ」。

豆腐の製造ライン、牛乳の製造ラインを
そのまま活用した商品である。

コストにまったく無駄のない商品を
生み出しているというわけである。

牛乳パック商品は、『牛乳パックスイーツ』として、
シリーズ化されている。

他に、「水ようかん」「杏仁豆腐」「珈琲ゼリー」
「カスタードプリン」「オレンジゼリー」がある。

安くて美味しい商品なら、
客はパッケージなど気にしないということである。

豆腐パックと牛乳パックということで、
逆に面白がっている。

“カタチ”としては従来から存在していても、
使い方を変えると、
まったく別の商品として生まれ変わるのである。

非常に柔軟な発想で、大成功している。

業務スーパーのモットーは、
「牛乳屋で牛乳を作るな。豆腐屋で豆腐を作るな」。

まさに、そのモットーを具現化した商品が、
大ヒットしているのである。

スーパーは、「安くて良い品」を客に提供する場所。

“見ため”にこだわり、そこに経費を掛けるくらいなら、
その分を中身にまわす方が良い。

舌の肥えた現代の消費者は、すぐに見抜いてしまう。
中身で勝負すべき。

だが、アピールの方法を知らなければ、
勝負の前に撤退となる。

業務スーパーは、そのアピール法として、
“面白さ”を前面に打ち出した。

「豆腐パック」「牛乳パック」という“カタチ”である。

「経費を掛けずに成功させるにはどうすれば良いか?」
という発想から、
「製造ラインをそのまま使ってしまえ!」と、
英断したのである。

「そんなことはできない」と、カチカチ頭で決めつけず、
「面白いんじゃないか」と、柔軟に考えた結果である。

面白がる姿勢が、功を奏したのである。

   




人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。


ブログランキング



posted by 佐藤きよあき at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック