2016年05月14日

“ほか弁屋”の「のり弁当」は、なぜ売れ続けているのか?


庶民なら一度は食べたことがあるであろう、
ほか弁屋の「のり弁当」。

ご飯の上に、
昆布の佃煮もしくは醤油和えのかつお節をのせ、
焼き海苔をかぶせた本体。

その上に、白身魚のフライと竹輪の天ぷら、
きんぴらがのり、さくら漬けか大根の甘酢漬けが
添えられている。

見ためにはチープだが、
間違いのない安定した美味しさがあり、
長年に渡って人気商品である。

「ほっかほっか亭」「ほっともっと」「かまどや」などの
チェーン店では、300〜340円程度で販売されている。

「のり弁当」が一番よく売れるという店も多い。

この安さも不況の中では人気の要因ではあるが、
それだけではない。

「すごく美味しい」「めっちゃ旨い」
という存在ではないが、
心にほのかな明かりが灯るような、温かな味がする。

特別なものは何も入っていない。

安い素材だが、もっとも美味しい調理法を選んでいる。

淡白な白身魚は、
フライにすることで脂の旨味を足している。

竹輪はそのままでは“おかず”になりにくいが、
天ぷらにすることで、練り物のコクを引き出している。

ごぼうと人参のきんぴらは、和総菜の定番。

この弁当のもっとも美味しいところは、
昆布もしくはかつお節と海苔とご飯の組み合わせである。

白ご飯に合うものの王道として、
昔から親しまれてきた味である。

安っぽいと感じる人もいるだろうが、
庶民ならどこか懐かしく、ガツガツと食べてしまうほど、
美味しいはずである。

ほか弁屋の人は言う。

「お金のない人にも、しっかりと食べてもらいたいから、
安い価格で提供している」。

これがほか弁屋の原点であるがゆえに、
いまだ安く提供しているのである。

この信条は、どこか母親に通ずるものがある。

お金もなく、決して料理上手とも言えない母親が、
子どもの成長を願い、不器用ながらも
一所懸命に作ってくれた弁当に似ている。

アルマイトの弁当箱に、ギュウギュウに詰められたご飯。

白ご飯では寂しいから、昆布や海苔をのせる。

少ないおかずを豪華に見せるために、ご飯の上に並べる。

腹を空かせた子どもには、なによりのごちそうである。

「のり弁当」には、そんな郷愁がある。

母親の愛情のようなものを感じるから、
美味しいのである。

   




人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。


ブログランキング



posted by 佐藤きよあき at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437870596
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック