2016年06月11日

飲酒運転がなくならないのは、警察が甘いから!?


飲酒運転による悲惨な交通事故。
いや、事件と言った方が良い。

人を殺してしまうほどの重罪が、
いまだになくならないのはなぜか。

人の人生を奪うばかりか、
自分自身の人生をも、暗く、悲しいものにしてしまう。

酒を飲んだら、車を運転しない。
非常に簡単で、単純なことである。

なぜ、それができないのか。

「バカだから……」
と言ってしまえば、それまで。

だが、それで済ますわけにはいかない。
人の命を奪っているのである。

まわりの人は、なぜ止めないのか。

飲み屋は、なぜ酒を提供するのか。
人殺しの共犯となることを理解しているのか。

襟を正す飲み屋は、車での来店には酒を提供せず、
あるいは代行運転を手配している。

面倒な上、客足が遠のくかもしれない。
だが、人の命には変えられないことを理解している。

そして、危険な運転者をもっとも甘く見ているのは、
意外かもしれないが、警察である。

検問をしたり、飲み屋を巡回して啓発したりはしている。

だが、それ以上“積極的”に行動してはいない。

もっとやれることはある。
というより、やらなければならないことがある。

飲み屋の前で待機し、出てきた客が車に乗ろうとしたら、
やめさせることである。

飲み屋の客だけが飲酒運転をするわけではないが、
もっとも多い事例である。

飲み屋の前で制止する。
これがもっとも効果的な、飲酒運転の撲滅方法である。

度々やっていれば、車で飲みに行く人は減るはずである。

飲み屋への営業妨害ではないかと、
的外れなことを言う人もいるかもしれないが、
飲酒運転の共犯者であることを忘れてはならない。

また、飲み屋には、どう考えても、
車でしか行けない場所にある場合が結構ある。

特にこんな店は早急に取り締まる必要がある。

来店=飲酒運転の確率は非常に高い。
なのに、放置されている。

では、なぜ警察はそこまでしないのか。

夜の人員が少ないから。
一般企業のように、昼間中心に活動しているから。

特に地方の警察はそうである。

そして、「営業妨害をするのは可哀想」だから。
これは、あくまで私の推測だが。

地元の警察なら、どこに飲み屋があって、
車でしか行けない場所であることもわかっている。

なのに取り締まりをしないのは、不可解なことである。

人が少ないことを言い訳にしているか、
飲み屋への温情としか思えない。

これは、人の命を軽く見ている、
と言われても仕方のないことである。

本気で飲酒運転をなくしたいのなら、
夜の飲み屋をまわるべきである。

待ち伏せして、飲酒運転を取り締まるのではなく、
飲み屋の帰りに車を運転させないようにすることが、
重要なのではないか。

ぜひとも積極的に動いて欲しい。
すぐに動いて欲しい。

次の瞬間にも、
人の命が奪われてしまうかもしれないのだから。





人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。




posted by 佐藤きよあき at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438864701
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック