2016年06月18日

“行列グルメ”が、最強の観光資源となる!?


人は、なぜ行列に並ぶのか。

その先にある“期待”を実感・体感したいからである。

それは、どんな“期待”なのだろうか。

ふた昔前なら、ゲームソフトやたまごっち。
ひと昔前なら、商業施設やハリーポッター。

では、いまの“期待”はどんなものなのか。

テレビやネットから聞こえてくるのは、
アイドルのコンサートや握手会。

世界遺産登録直後の観光地。

そして、もっとも騒がれるのは、“グルメ”である。

食のネタは視聴率が稼げるので、
どのテレビ局でも度々登場する。

ネットにおいても同じこと。
アクセス数が安定して稼げるのである。

それほど、人びとは食の情報に敏感なのである。

“行列”と聞くと、知らずにはおれぬ。

行列の先に、どんな美味しいものがあるのかを知りたい。
その味を体験したくなり、行列に並んでしまう。

驚くのは、遠くからでも、
わざわざ足を運ぶ人が多いことである。

“ついで”の訪問ではなく、
その店を目指してやって来るのである。

たったひとつの料理を食べるためだけに、である。

なぜ、そこまでするのか。

日本ブームでやって来る外国人客は別として、
日本人は“観光”に飽きているのかもしれない。

日本国内は、どこも同じような風景に見える。

従来の観光は、“見てまわる”ことが多かったが、
テレビやネットで映像を見ているため、
その場所に行っても感動が薄いのではないか。

それに比べ、グルメは見ているだけでは実感できない。
食べないことには、感想を言うこともできない。

加えて、いまの人びとは物欲がほとんどないため、
食べることがもっとも興味深く、
関心を持ち続けていられる。

食を追求することが、一番楽しい時間なのかもしれない。

なので、遠くまで出掛けて行って、行列に並ぶのである。

そして、現代人にもっとも大切なことは、
自身の体験をSNSにアップすることである。

そのためには、現地に行って行列に並び、
料理の写真を撮って、感想を書かなければならない。

こうした行為が、趣味のようになっている。

つまり、多くの日本国民がもっとも興味を抱き、
かつ行動的になれるものが、“グルメ”なのである。

全国各地で観光客誘致に苦慮しているが、
観光資源があまりないのなら、
“ご当地グルメ”を掘り起こすか、
新しいグルメを生み出せば良いのである。

取り組んでいる地域もあるが、
カチカチ頭の地元民だけでは、簡単なことではない。

新しい頭脳に協力を求めてみるのも良い。

突拍子もない発想をする人材。
たとえば、小学生に考えてもらっても良い。

高校生や大学生を活用している例もあるが、
その年齢ぐらいになると、
常識に囚われることがあるので、
あまり面白い発想は出てこない。

注意すべきは、アイデア倒れにならないよう、
味の追求も徹底しなければならないこと。

注目されやすいグルメは、
常識を少し超えたあたりに存在する。

弾け過ぎず、大人しくなり過ぎず。

重要なのは、本気でやること。
中途半端な取り組みが実に多い。





人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。




posted by 佐藤きよあき at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439123828
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック