2016年08月12日

絶好調の「スシロー」。首位陥落の日は近い!?


100円回転寿司の王者「スシロー」。

長年トップの座を譲らず、
いまなお絶好調を維持し続けている。

現在、過去最高の営業利益を弾き出している。

100円回転寿司と言えば、
「スシロー」「くら寿司」「はま寿司」「かっぱ寿司」
が4強で、日々熾烈な戦いを繰り広げている。

「スシロー」はネタの良さが売りで、
“原価率50%”として話題になったこともある。

それくらいネタにこだわり、消費者に支持されてきた。

ところが、最近の「スシロー」には、
“違和感”“変な空気”を感じる。

以前ほどのワクワク感、満足感がないのである。

その理由がわからなかったので、答えを求め、
他の3社を観察してみた。

まずは「くら寿司」。
数年前はネタのレベルの低さが際立っていたが、
いまは良くなっている。

そこに、次々とユニークな仕掛けを作り、
“楽しいファミレス”化を図っている。

「すしやのシャリカレー」
「すしやのシャリカレーうどん」
「すしやのシャリカレーパン」「シャリコーラ」など、
若い層が喜びそうなメニューを繰り出し、
常に注目を集めている。

「はま寿司」は、ネタの種類が豊富である。
しかも、珍しいネタを投入してくる。

珍しさは、高い集客力となる。

しかも、平日は90円(税抜き)なので、足を運びやすい。

いま、次々と店舗数を拡大し、快進撃を続けている。

「かっぱ寿司」は、親会社が代わり、
未知数の部分も多い。

だが、経営ノウハウを蓄積している
「コロワイド」なので、恐い存在となるだろう。

何を仕掛けてくるのかが、楽しみでもある。

以上のように、3社の動向を読み解くと、
首位「スシロー」は安穏とはしていられない。

最近では、
「まるごと食べるメロンソーダ」や「すしドッグ」など、
話題づくりでは成功しているものの、
他社と比べて、インパクトはない。

ネタの良さはいまだ健在ではあるが、
他社より種類が少ない。

これは、リピーターにとっては残念なことである。
ネタに関して、冒険をしていないのである。

単価の高い「吟味ネタ」や
それ以上の価格のものに関しては、
あれこれ出してはくるが、
客は「スシロー」にそれを求めてはいない。

“108円で何ができるのか”が、
他社との競争ポイントなのである。

寿司屋にとって、
ネタの良さは最大のアピール力なのだが、
他社がネタで追いついてきているいま、
プラスαの何かが必要なのである。

残念ながら、いまの「スシロー」にはそれがない。

また、巨大化した故の問題も起きている。

店舗のオペレーションレベルが、かなり下がっている。

客の多い時間帯なのに、レーンに寿司が流れず、
パネルで注文しても待たされる。

エリアマネジャーの目が行き届いていないということ。
加えて、従業員の研修ができていないということ。

数店舗をまわって確認したので、
限定的なこととは言えない。

これで、客は離れていく。

下からの追い上げは激しい。
“王者”にあぐらをかいていては、
すぐに首位から陥落する。

その日は、もう近いのかもしれない。





人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。




posted by 佐藤きよあき at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440972734
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック