2016年08月25日

消費者の何気ないひと言が、「カプリコのあたま<いちご味>」を誕生させた!


江崎グリコの「カプリコ」をご存知の方は多いだろう。

1970年に発売開始された、
ソフトクリームのカタチをしたチョコスナックである。

サクサクとしたエアインチョコが人気で、
その“いちご味”にはファンも多い。

ある時、消費者からの要望があった。

「コーンの中のふわふわチョコだけを食べたい」。

消費者は好き勝手なことを言うもので、
そのひとつひとつに応えるわけにはいかない。

だが、江崎グリコには閃くものがあった。
「これは売れるかも!?」。

そこで、いちご味のエアインチョコ部分を
ハート型にして、「カプリコのあたま<いちご味>」
として発売することにした。

名前のユニークさで注目度は増し、
大人気商品となることは間違いない。

このような既存商品の一部分だけを食べたい
という要望は、かねてより存在し、
メーカーがそれに応えている前例もある。

ヤマザキの「メロンパンの皮 焼いちゃいました」。

メロンパンのクッキー生地の部分だけを
商品化したもので、大ヒットとなった。

常識的な頭では思いつかない発想を取り入れることで、
面白い商品が誕生するものである。

もうひとつの例としては、
明治の「チョコだけのこの里」
「クッキーだけのこの里」がある。

キャンペーン限定の商品だが、
「チョコの部分だけを食べたい」
「クッキーの部分だけを食べたい」
という要望を商品化したものである。

その商品が持つ、
本来のテーマとは違うものになったとしても、
その“ツッコミどころ”が消費者にウケ、
ヒット商品となるのである。

好き勝手なことを言う消費者に惑わされてはいけないが、
その“何気ないひと言”は、
しっかりと聞いておくべきである。





人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。




posted by 佐藤きよあき at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441345127
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック