2016年11月08日

健康志向が高まると、野菜が売れなくなる!?


健康ブームが長い。というより、定着したのか。

テレビ番組・ネットサイト・雑誌では、
健康に関する情報が、毎日溢れている。

次から次へと、“身体に良いこと”が紹介され、
これを実践すると、
1日24時間でも足りないくらいである。

特に女性は、健康情報に敏感である。

「健康=美容」という意識が働くのか、
見聞きするものは片っ端から試したくなるようだ。

中でも“意識高い系”の女性は、
「お洒落な健康」に目がない。

出掛ける前は「スムージー」を飲み、
バッグには「酵素」を入れて持ち歩く。
食事は、サラダ中心。

見事なまでに健康志向である。

そこまで意識は高くなくとも、
普通の人も健康志向は持っている。

できる限り、身体に良いことをしようとする。

だが、体操やスポーツは気合いを必要とするので、
食べるもので健康になりたいと願う。

脂の多い肉類や炭水化物を避け、
野菜中心の食事を心掛けるようになる。

意気込んで、しばらくは続けるが、
やはり挫折するのが人の常。

外食で野菜を摂ることは容易いが、
自宅で調理するのは面倒。

そこで、人びとが行き着く先は、
「サプリメント」である。

野菜の代わりとなったり、
魚の効用があるサプリメントが次々と登場している。

高い効果が証明されているものも多い。

「EPA&DHA」「青汁」「ユーグレナ」「セサミン」
「ローヤルゼリー」「酵素」……。

これらを摂っていれば、食事を気にする必要がない。
と、人びとは思い込み、野菜さえ食べなくなってしまう。

サプリメントの市場規模の推移を見ると、どれだけの人が
サプリメントに頼るようになってきたかがわかる。

手軽に“身体に良いもの”を摂取できるのは良いが、
食の偏りが激化するのではないかと危惧する。

何も気にせず、好きなものを食べる。

手間の掛かる調理はしないので、野菜を食べるのは、
調理済みのサラダか外食のみとなる。

つまり、食材としての野菜を買わなくなるのである。

調理の面倒な魚を買わなくなったことと同じである。

家で食べなくても、外で食べれば良い。
サプリメントで補えば良い、となる。

食材というのは、各家庭で使ってこそ、
大量に消費されるものであって、
スーパーや飲食店で使われるものだけでは、
たかが知れている。

外で食べて、家でも使うことが、
食材の消費へと繋がるのである。

健康志向でサプリメントを摂るようになれば、
食材、特に野菜が売れなくなってくる。

非常におかしな話だが、これは現実である。





人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。




posted by 佐藤きよあき at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック