2017年04月29日

ハチを“利用して殺す”ために輸入している、日本農業の罪とは!?


実をつける野菜や果物を効率よく生産するために、
ハウス栽培では花の受粉作業をハチに頼っている。

日本の在来バチが減少しているため、
海外から安いハチを輸入して、ハウス内に放っている。

野菜や果物を安く売るために、
外来種のハチを利用するのも
仕方のないことかもしれない。

だが、大きな問題がある。

外に逃げ出すハチがいることである。

ハウスは完全に密閉されているわけでもなく、
人の出入り時にも外に出るハチはいる。

この逃げ出したハチが、
日本の自然界に大きな影響をもたらすのである。

1匹だけなら交配しないので、
絶命すれば、あまり害はない。
……と、簡単な話ではない。

日本の在来種と交雑する可能性が高いのである。

これが増えてしまうと、
強い遺伝子を持つ交雑種と在来種の戦いが起き、
在来種は負けて、絶滅の危機となる。

そうならないために、先頃、国が方針を打ち出した。

「2020年までに、外来種の農業利用を半減へ」
というものである。

ここで言う外来バチとは、
欧州原産の「セイヨウオオマルバチ」で、
ハウス栽培のトマトの受粉に利用されている。

外来バチには、
他にも「マルハナバチ」という種類もいる。

半減させるというのは、
少しずつ在来種に代えるということらしいが、
ふと疑問がわく。

これまで散々利用してきた外来種は、
受粉シーズンが過ぎると、どうしていたのかということ。

JAが発行する機関誌に、ある記事を発見した。

以下、そのまま転載する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

交配後のマルハナバチ処理について

交配に飼養したマルハナバチは、
外来生物法で特定外来生物に指定されており、
飼養や取り扱いには登録が必要であるとともに、
厳しい制限があります。
交配作業が終了した後は、
マルハナバチが完全に死亡するまで
ハウス内で巣箱ごとビニール袋に入れるなど、
確実に殺処分を行って下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

驚くことに、利用するために輸入して、
その後は殺してしまうのである。

農業従事者にとっては常識なのかもしれないが、
一般人には大きなショックと言うのか、
怒りさえ覚える。

あまりにも身勝手な行いで、生命を軽く見過ぎている。

その恩恵で作物が安く手に入るのだから、
文句の言える立場ではない。

だが、納得はできない。
許すこともできない。

いま国が方針を示したと言えど、
2020年までは同じことが繰り返される。

生きるために動物の命をいただくことと、
利用するだけで殺してしまうのとでは、
まったく意味が違う。

2020年と言わず、即刻やめるべきである。





人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。




posted by 佐藤きよあき at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック