2017年07月03日

なぜ、1個1万円の「四角スイカ」が売れるのか?


香川県善通寺市特産の「四角スイカ」の出荷が始まった。
1辺18センチの真四角なスイカである。

45年前に地元の農家で誕生し、
いまでは7軒の農家で栽培されている。

卸価格で1個1万円以上の値がつき、
京阪神や関東の百貨店、カナダ・ロシアへも出荷される。

なぜ、四角いスイカが作られるようになったのか。

事の発端は、スイカが売れなくなってきたこと。

アイスクリームやキャンデーに押されたこともあるが、
スイカの形状に問題があると考えたのがキッカケである。

核家族化が進んだことから、
スイカの大きさや形が敬遠されるようになったのである。

大き過ぎる上、丸いので、持ち運びしづらく、
冷蔵庫にも入れにくい。

この形を何とかすれば、
スイカはまだまだ売れるのではないかと考えたのである。

そこで試行錯誤の結果、
強化プラスチックに入れて育てることで、
18センチの四角いスイカを作ることに成功した。

だが、当初大きな話題にはなったものの、
その希少性ゆえに価格が上昇し、
一般人が買うことのできるものではなくなった。

形状の面白さが注目されやすいことから、
ディスプレイ用としての取り引きが
主体となっていったのである。

百貨店やフルーツショップの店頭にあれば、
集客効果は充分に期待できる。

売れなくても、販促費として元は取れるのである。

それほどインパクトのある「四角スイカ」の話題は、
ネット時代のいま、当然海外にも伝わり、
欲しがる店や個人が増えている。

いまでは、7軒で7月中旬までに生産する
約420個のうち、百数十個は
カナダやロシアに輸出されている。

ディスプレイ用として売れるようになったため、
スイカは熟す前に収穫し、
3ヵ月鑑賞できるようになっている。

つまり、食べても美味しくないのである。

それでも毎年売れ続け、
海外では数倍から10倍もの価格がついているという。

プレゼント用、あるいはジョークで買う個人もいる。

明らかに富裕層なのだが、高い金を払う価値があるほど、
面白いスイカだと思っている。

日本では、ただの「巷の面白ニュース」だが、
海外に渡ると、高額取り引きされるほどの
衝撃ニュースなのかもしれない。

本来の目的からは大きく逸れてしまったが、
夏の風物詩として定着する可能性はある。





人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。




posted by 佐藤きよあき at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451469641
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック