2017年07月31日

“自身を演じる”、インスタの闇!?


いま、店の集客は容易である。

“インスタ映え”する店舗・商品を作れば、
女性たちが写真を撮りに来てくれる。

「質」は二の次。
写真写りが良いかどうかで判断される。

「可愛い」「お洒落」が、すべての基本。

自身のインスタにどれだけ注目が集まるかに、
心血を注いでいる。

“自身の見られ方”を追求しているのである。

自己研鑽して目立ちたい、ということではなく、
上っ面だけで良いので、お洒落に見られたいのである。

ネットだけで繋がっている彼女たちは、
実際に会うことも少ないので、
真実の姿などどうでも良いのである。

すべてが虚構だとしても、
ネットの世界では、それが自分自身。

まるで女優のように、自身を演じているのである。

演じている自分も真実の姿だと思い込んでいる。
いや、思い込もうとしている。

その役を演じきるために彼女たちは、
毎日のように出掛けて行くのである。

だが、中には暴走している女性も少なからず存在する。

見ためが可愛いジェラートがあると知ると、
すぐさま店に行き、写真をパシャ。

少しだけ食べて、残りは捨ててしまうのである。

可愛くて美味しいジェラートを食べたいのではなく、
写真を撮りたいだけ。

人としてのモラルは、どこに行ったのか。

また、昔ながらのレコード店に行き、
「可愛いレコードジャケットを探しているところ」
というキャプションをつけるためだけに写真を撮り、
すぐに店を出て行く女性もいるという。

写真のために店を利用するだけで、
興味すらないのである。

まったくの嘘で固めた世界を作り上げているのである。

何のために? 誰のために?
それで満足感が得られるのか?

こんな人たちを見ていると、
バブル期に浮かれていた人たちが、可愛く思えてくる。

高級フレンチでワインを語り、
高級ホテルでルームサービスを頼む。
リムジンで彼女のお迎えに行く。

馬鹿げているが、実際に体験したことは、
貴重な経験として残こる。

興味もなく、熱中しているわけでもない、
嘘の情報を垂れ流すことに、
人生の貴重な時間を費やすのは愚かである。

精神に異常をきたしていると言うのは、
言い過ぎだろうか。





人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。




posted by 佐藤きよあき at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック