2017年08月23日

仏壇は、“粗大ゴミ”で捨てられない!?


家族が亡くなると、その供養のために仏壇を買う。
位牌を収めて、拝むため。

仏教徒である日本人なら、何の疑いもなく、
この行動を取るだろう。

だが、この仏壇が後々厄介な存在となることを
ご存知だろうか。

たとえば、親が亡くなって、
息子が大きな仏壇を買ったとする。

この際、仏壇に故人の魂を納める
「開眼法要」という儀式を一般的には行う。

言葉は知らなくても、お坊さんが拝んでいたなら、
それは「開眼法要」だ。

やがて息子も歳を取り、
その子どもが家を処分することになった場合、
この仏壇の処理に困るのである。

「開眼法要」を行った仏壇は、
普通の粗大ゴミとして捨てることができないのである。

故人の魂が宿っているので、
“魂抜き”という「閉眼法要」が必要だ。

これは、寺や仏具店、
廃品業者などにお願いしなければならず、
その金額は数万〜数十万円となる。

「開眼法要」を行っていない仏壇や
「閉眼法要」が済んだ仏壇は、粗大ゴミとして、
処分することができる。(自治体による)

信心深い人なら、当然のことだと
金額に驚くことはないかもしれないが、
あまり宗教を信じていない人には、
大きな負担となる。

普通のゴミとして捨てたい、と思う人は多いはず。

だが、実際は捨てるだけで数万円。

この問題を解決するには、
仏壇を買わなければ良いのである。

代わりになる家具に、位牌を置けば良い。

これなら、処分に困ることはない。

宗教を否定するつもりはない。
信じる人は、従来通りで良いだろう。

だが、大切なのは故人を思う心であって、
形式ではないはず。

重い負担を背負う必要はまったくないのではないか。





人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。


にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村



posted by 佐藤きよあき at 14:27| Comment(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。