2017年01月20日

ブーム再燃。全国で「朝ラー」が始まっている!


「朝ラー」。
数年前ブームになりかけた、「朝ラーメン」のこと。

静岡県藤枝市・焼津市や福島県喜多方市などで見られる、
朝からラーメンを食べる習慣が起源とされる。

だが、当時はブームというほどの
盛り上がりはを見せなかった。

「朝からラーメンなんて」と、敬遠された感があった。

朝から食べるには重く、健康的な朝のイメージとは
程遠い存在だったのかもしれない。

では、なぜ静岡と福島で習慣化していたのか。

静岡では、漁業関係や茶業の人たちが、
朝食も摂らずに早朝から仕事をする。

ひと段落したところで朝食を摂るのだが、
労働の後なので、普通の朝食では物足りない。

そこで、店に「ラーメンが食べたい」と要望したという。

福島では、喜多方市に三交代制の工場があり、
その夜勤明けの工員のために始めた、という説がある。

また、早朝の農作業を終えた人のために、
という説もある。

何れの場合も、労働する人たちの要望に応えるカタチで
生まれた習慣なのではないか。

この習慣を9時5時のサラリーマンが多い地域で
広めようとしても、必要性が見出せない。

ブームにならなかったのは、
そのあたりに原因があるのだろう。

だが、再びブームが訪れようとしている。

それはなぜか?

サラリーマンがラーメンを食べるのは、
昼食か夜の飲み会後。

特に、深夜のラーメンが多かった。

だが、飲み会自体が減少し、
ラーメンを食べる機会も減った。

ラーメンは好きなのに、食べられなくなったのである。

そこに登場したのが、「朝食ブーム」である。

お洒落なカフェモーニングやスープバー、
正しい和朝食を提供する店が増えてきた。

朝食をしっかりと摂ることが見直されたのである。

朝はガッツリ食べても、日中に消化されるので、
多少カロリーの高いものでも問題はない。

つまり、ラーメンを罪悪感なく
食べることができるのである。

健康のためにも、夜より朝が良いのである。

寝る前4時間はものを食べてはいけない。
胃腸に負担が掛かり、中性脂肪が蓄えられて太ると
言われているいま、
朝ラーメンは理にかなっているのである。

朝食ブームと健康ブームが、
ラーメンを夜から朝の食べ物へと変えようとしている。

静岡・福島の他にも、青森・秋田・宮城・山形・新潟・
埼玉・東京・京都で、「朝ラー」が確認されている。

朝食の代名詞となることはないだろうが、
確実に定着するのではないか。

「朝からラーメンなんて」と言う人は、
いなくなるだろう。





人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。




posted by 佐藤きよあき at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

「ビッグデータ」で、企業の“個性”は消え去る!?


「やよい軒」「ほっともっと」を運営する潟vレナスが、
店舗運営にビッグデータ分析を導入するという。

客の嗜好の多様化や少子高齢化など、
経営環境の変化に対応するためである。

客の求めるものを的確に把握することができれば、
メニューの改善、新商品開発、店舗の改装・移転、
従業員教育にいたるまで、
もっとも効率の良い方法を知ることができる。

すなわち、ロスの少ない店舗運営、失敗の少ない経営を
実現できるということである。

チェーン店を運営する上で、
これほど価値のある経営資源は他にあるまい。

だが、懸念材料はある。

ビッグデータの活用法。
ビッグデータの読み方と言っても良い。

ビッグデータが導き出す結論は、
消費者の大多数の嗜好であり、意見である。

もちろん、少数意見も導き出してはいるが、
読み取る側が大多数のデータに注目してしまう。

最終的には「一番売れるもの」を知りたいので、
当然、数の多い客層データを採用する。

すると、客に受け入れられるものが開発でき、
収益を安定させることができる。

だが、はたしてそれは正しいことなのか。

もし、同業種である「大戸屋」が、
ビッグデータを活用したら……。

大多数の嗜好は同じ結論となり、結果的に、
同じ店、同じメニュー、同じ新商品が生まれる。

つまり、「やよい軒」と「大戸屋」に、
差がなくなるということである。

こう言うと、「それは経営陣次第だろ」
と反論が出るだろうが、
目の前の“失敗しない経営”を無視して、
挑戦・冒険ができるだろうか。

また、ビッグデータによる成功は、
人の能力を衰えさせる。

すべてをデータに頼ってしまうので、
経験や勘といった経営能力が育たない。

データを読み解く、“技術者”でしかなくなる。

さらに、データによって成功した人間は、
それを自分の才能だと勘違いする。

そして、単なる“ビッグマウス”となってしまう。

データによるマーケティングは、
一時的には成功をもたらすが、
最終的に必要となるのは、経営感覚である。

長年積み重ねてきた経験と勘こそが、
ビジネスを大きく成長させる要素となるのである。





人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。




posted by 佐藤きよあき at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

食べ物の味は、パッケージで変わる! 価格で変わる!


スーパーの棚に並んでいる、食料品の数々。

メーカーが全力で開発しているので、
“それなり”に美味しいものばかり。

“それなり”というのは、
価格とのバランスがあるので、仕方のないこと。

この美味しい食料品たちは、
だいたい数十円〜数百円の範囲で売られている。

消費者は、味と価格に納得して、
好みに合うものを買っていく。

納得しているので、満足感もある。


話は変わるが、
旅行に行くと土産物を買う人は多いだろう。
500〜3000円程度。

自身のためや友人・知人のために、
“それなり”のものを選ぶ。

菓子や海産物が多い。

この土産物の価格を見て、
「こんな高いものは買いたくない」
と考えたことのある人はいるだろうか。

「渡す相手による」という問題ではなく、
商品と価格のバランスのことである。

“土産物とはそういうもの”
という認識で買っているのではないか。

“相場”を疑ったことはないだろう。

予算に合わせて、その範囲のものを買うことに、
納得しているのではないか。


また話は変わるが、
中元・歳暮を贈る人は、いまだ多い。

世話になった人に“心を込めて”というのは建前で、
見栄えの良いものを贈りたいもの。

高級そうな名前やパッケージで、高級そうな包装。
価格も高級。数千〜数万円。

貰った人は、高級を感じ、高級な美味しさを楽しむ。


さて、食料品が売られている
3つのシチュエーションを書いたが、
ここからが本題である。

3つのシチュエーションで見られる、
「菓子」を想像してみて欲しい。

中にカスタードクリームや生クリームの入った、
ふわふわなスポンジケーキがあるとする。

1つめは、中の見える簡易な包装で、
スーパーに並んでいる。

2つめは、紙で個包装し、箱に整然と並び、
土産物屋に並んでいる。

3つめは、1つ1つ和紙で包装され、1つずつ箱に入り、
それが桐の箱に詰められ、組み紐まで掛かっている。

百貨店のギフトコーナーに、見本が置かれている。

それぞれ、300円、1000円、5000円で売られている。

この3つ、中身がまったく同じものだとしても、
誰が気づくだろうか。

売られている場所が違い、売り方も違っていれば、
誰も疑問を持たずに買っていくだろう。

売る場所に合った“相場”なので、納得もしている。

5000円のものを受け取った人も、
“それなり”の佇まいのものなので、
“それなり”に美味しいと感じる。

人の味覚はかなりアバウト。
雰囲気も味のうちなのである。

ここから考えられるのは、ものを売るなら、
高くても売れる“売り方”をした方が得だということ。

薄利多売は、メーカーや量販店に任せておけば良い。

中小企業・個人商店は、
“価値”を感じる“売り方”をすべきである。





人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いします。




posted by 佐藤きよあき at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする